並木敏成オフィシャルサイト『THIS IS T.namiki』

並木敏成,THIS IS T.namiki,釣り,ブラックバス,Fishing,OSP,ルアー,Bass Fishing,アメリカ,B.A.S.S,FLW,JB,ダイワ,DAIWA,グローブライド,GLOBERIDE,ハヤブサ,FINA,SUNLINE,サンライン,toshinari namiki,toshinarinamiki,namiki,O.S.P,バス釣り,オーエスピー,toshi
twitter facebook

並木敏成オフィシャルサイト『THIS IS T.namiki』

TOSHI'S DAYS ブログ

トップページTOSHI's DAYS > オーバーライドが旬を迎える季節が到来。

オーバーライドが旬を迎える季節が到来。

Winter is here. Now, OVER RIDE!! Please give it a try.

先週の木、金曜日はBasserさんの連載企画「リザーバー・マネージメント」の実釣取材で相模湖へ行っていた。

a b d f h i j

日を追うごとに真冬へと向かう、非常に厳しい状況。1~2月という本当の真冬になると、シャローでデカいバスが見えたりして、逆に釣りやすくなっていることもあるのだが…そんな中、2日間さまざまな方法で攻めてみた。

詳細はここでは伏せさせてもらうが、シャローからディープまで多彩な攻めを展開しているとだけお伝えしておこう。

(写真提供はBasserの堀部さん)

e g

ロケの2日目にはO.S.Pプロスタッフの寺沢君と遭遇。1匹釣るのも困難なフィールドコンディションの中、なんと1スポットで短時間の内に3匹のバスをキャッチすることに成功したそうだ。

自分としてもこの釣り方は非常に興味深く参考になったので、ここで書かせてもらおう。

寺沢君が使ったのはオーバーライド1/8オンス。これを水深8mでリフト&フォールで使用した。タックルはスピニングロッドに、PEラインの0.2号。リーダーはフロロの4ポンドというライトな攻め。

今シーズン、新たに追加になった1/8オンスおよび3/16オンスはおかっぱりでも活躍しているという話をよく耳にする。その場合、シャロー攻めであればラインは8ポンドフロロが標準的だが、今回の2サイズはスピニング、ベイトフィネスを問わずに使える。

c

オーバーライドは素早い立ち上がりと明確なバイブレーション、そして相反するスライドフォールを極め、かつ使用時にエビになりにくい。使っていて気持ちよく、しかも釣れるメタルバイブレーションである。

この手の釣りが旬になるシーズンが到来。ぜひ、お試しください。

by Toshinari Namiki
1 / 11

アーカイブ

カレンダー

2018年4月
« 3月  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30 

カテゴリ別

フィールド別

chase02-banner02 chase02-banner02UT8OE_bnner_sDYFC_bannernewospbanner

T.NAMIKI動画配信中 LureNews.TVチャンネル

Back to Top