TOSHI's DAYSTOSHI's DAYS

トップページTOSHI's DAYS > 2023/12/5_1

2023/12/5_1

2023-12-08 カテゴリー:その他

先日、ここ2年続く肩の痛みに苦しめられ、通院していたことに触れた。
それに対して励ましの書き込みや専門的な知識を持った方のアドバイス、おすすめの治療法など紹介してくれたりと、温かいメッセージありがとうございます。
今回検討していた手術はまだ様子を見たほうがいいという意見もあったがゆえ、不安は大きかった。
しかしこの先のフィッシングライフのため肩の可動域を改善したい! この2年苦しめられた痛みに別れをつげたい!という強い思いから思い切って手術を受けてきた。
いまは通院によるリハビリと、自宅での自主的なケアなどをしている。 
個人差はあるが、数ヶ月は無理な運動は厳禁となった。
しかし、手術前に比べて痛みはまだ残るものの明らかに腕の動きもだいぶ広がった。
さらなるリハビリで従来の動きを取り戻したいと思っている。
この程度のことは自分のこれまでの釣り人生を振り返れば微々たることであると信じている。
振り返れば、数百円の電車代がだせず日帰り往復120キロ自転車を漕いで釣りに行っていた中学時代。
フルタイムのトーナメントプロとして駆け出した矢先、節約のため琵琶湖までの500キロを下道で走り出し、箱根の峠道で日本最古のFRPボートのトレーラーのタイヤが外れて壊れてしまった時の絶望感。
大苦労の末、琵琶湖に着いてトーナメント出場。
初日ブッチギリトップからの二日目帰着時間を間違えての二日目ノーカウント。
悔しさを次の河口湖戦にぶつけて予告優勝。
強すぎた故に、年間タイトル争い中、禁止エリアに入って釣ってまで自分に勝とうとされたり、自分の得意な場所に試合中入れないように弟子を各所にはらされるといった妨害行為もあったな。
他に卑劣な妨害行為も山盛りありながらも勝ち取ったアングラーオブザイヤー。
アメリカに渡った2年目(トップカテゴリー昇格後の1戦目)にビザトラブルで入国出来ずに欠場した第1戦。
その1戦少ない中でも死ぬ物狂いで頑張り勝ち取ったバスマスタークラシック出場権利。
アメリカ3年目にはビッグレイクの波の衝撃から腰の軟骨もとばし、立ち上がることが出来ずにデッキに這いつくばりながらキャスト。もう片方の手でフットコンのペタルを操作。
そんな消化試合のような情けない事態になってしまうこともあった。
........とこれはまだまだバスプロ生活の序盤の話だが、様々な逆境も乗り越えて今に至る。
まっ、人生長いこと続けていれば色々な事、トラブルが振りかぶってくるものだろう。
そんな中、いつも応援してくださる方々の存在もあり、頑張ってこれている。
今回の件においても、以前のように気持ちよく釣りが出来るようにしっかりとリハビリに先ずは取り組んでいきます。
この投稿を見てくれているファンの皆様、活動を支えてくださるスポンサーの皆様も全く心配しないでほしい。

アーカイブ

カレンダー

2024年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  

カテゴリ別

フィールド別

UT8 並木敏成のThis is バスルアー O.S.P PRO GUIDE chase02-banner02 chase02-banner02 OE_bnner_s DYFC_bannernew ospbanner

T.NAMIKI動画配信中 LureNews.TVチャンネル

Back to Top