並木敏成オフィシャルサイト『THIS IS T.namiki』

並木敏成,THIS IS T.namiki,釣り,ブラックバス,Fishing,OSP,ルアー,Bass Fishing,アメリカ,B.A.S.S,FLW,JB,ダイワ,DAIWA,グローブライド,GLOBERIDE,ハヤブサ,FINA,SUNLINE,サンライン,toshinari namiki,toshinarinamiki,namiki,O.S.P,バス釣り,オーエスピー,toshi
twitter facebook

並木敏成オフィシャルサイト『THIS IS T.namiki』

MESSAGE FROM TOSHI コラム

トップページ > Message from TOSHI

Note of Message

超ライトリグ研究の一環としてのアジングゲーム

2013-09-13 カテゴリー:タックル全般 テクニック

実は8月中旬~下旬に2度ほど、外房エリアへアジングに行ってきた。

自分は常にバスフィッシングのことを考えているんだ。
それは進化についてだったり、幅広いバスフィッシングスタイルの追求だったりもする。

その中で超ライトリグと言えるフィッシングスタイルのトレーニング方法の1つにアジングをやってみたいと以前から思っていたんだ。

DCIM1529

今回同行してくれたのはザ・フィッシングなどでおなじみの凄腕アングラーであるチョーシ君こと渡邉長士(たけし)君。

前回も触れたと思うが、彼のことは中学生の頃から知っていて、ある意味自分の弟のような存在でもあるんだ。

DCIM1530

写真のようにかわいらしいナイスキャラの持ち主だが、歳も30代になり最近では風格と様々な海の魚種を釣るテクニックを身に付け、一般アングラーよりもはるかに高いレベルで釣りをしているということを今回見せてもらえた。

DCIM1528

館山港からスタート。徐々に暗くなるに従って外房を北上して行った。

チョーシ君曰く「このエリアは特に最近アジングブームで行くところ行くところ人がいて、群が入ったりしないと居付きのアジは結構手難しいですよ。」と言うことだったが・・・確かに苦戦した。
なにより定番の場所には必ずといっていいほど先行者がいる上、この日は多くのアングラーが0匹から1匹と非常にタフだった。(10回に1回ぐらいあると言う当たり日は1時間に20匹ペースで釣れたりもするらしい。)

DCIM1532

自分も途中まで0匹だったが、チョーシ君お勧めの0.5gと言う一般的なアジングゲームで使うよりもかなりライトなジグヘッドに変え、ラインをシェイクさせたりせずにただ引きや、i-Waverのような漂わせるやり方に変えた途端、先行者が張り付いていてそれまで0匹だった足元から4連発させた。

DCIM1537

DCIM1539

良い群が入ってきた時は何をやっても釣れるが、今回のようにタフな時は90%のアングラーが0匹で残りの10%のアングラーが魚を手にすると言う状況も多いらしい。
それにはルアーのセッティングやアクション、後は細かなアタリを感じ取るタックルの性能などが重要で実にテクニカルなゲームだった。
まるで同じ場所に居続けてもでもエサやタナの加減で釣果がガラっと変わるヘラ釣りのような感覚を覚えたね。

タックルはいずれもチョーシ君から借りたのだが、今回使ったのは2セット。

DCIM1534
巻物的にジグヘッドを引いてくる場合は、
「月下美人AGS 75L-T」にナイロンの2lb。
逆にワーム的にスローに引いたり落とし込むスタイルには、
「月下美人AGS AJING 610L-S」にフロロカーボンの1.5lb。

今回は両方のタックルで釣ることができたが、この2本を比べても投げ易さの差や逆にボトムを感じ取る時はこちらの方が良いと言った差があり、もちろんそのちょっとした差が重要だったと感じた。

夏の夜は昼と違って快適だったし、釣ったアジが胃袋に収まったのも快適だったね(笑)
ただ何より自分がやりたかった今後のバスフィッシングに生かせそうな超繊細なテクニックを味わえたことが嬉しく充実した気持ちの中、眠い目をこすりながら家路に就いた。

 

ところが、それで終わらなかった。
さらにその翌週に霞ヶ浦水系に釣行した際、その夜も鹿島港に車を走らせていた。

CIMG2780

同行者はやはりチョーシ君と、そして、ロデオクラフトで働いているトラウトなどでおなじみの松本幸雄君。
前日の夜、彼らはかなりいい釣りをしたと言うことで期待して行ったのだが、この日もこれまた渋かった(笑)

そして、実はこの日は自分もマイタックルを用意していた。

P1060097

P1060104

それが、このアイテムだ。
月下美人 EX AGS AJING 64.5L-S+AEGIS 2004

バスにも流用できそうな硬め&ショートな6’4″モデルをチョイスした。リールシートは自分が富士工業にてテストをしたモデル。ラインガイドはダイワ独自の超軽量カーボンフレームガイドのAGSが装着されている。

そして、この日はさらに奥が深かった。

CIMG2773

1.5ポンドラインではほぼバイトがなく、その全てが1ポンドラインでないとバイトが出ないほどで、彼らはかなり長くやったみたいだが、自分は2時間ぐらいの釣行で5匹くらいを釣ることができた。

P1060074

 月下美人 アジングビーム+SW ロックフィッシュジグヘッド

とにかくこのアジングはラインの太さを含めたタックルセッティングと超スモールワーム+超ライトウェイトのジグヘッド操作のいい勉強になるね。

ちなみに以前、自分が日本の大会に出ていた時、河口湖のディープのドラッギングでソリッドティップのキス竿を使っていた。この時は明らかにロッドの性能差により圧倒的に釣り勝てたんだ。 (その時代はソリッドティップのバスロッドはなかった。)

とにかく他魚種の経験や幅広いタックルを知ることはバスフィッシングにも大きく活かせるので、なるべくこういうことに目を研ぎ澄ますようにしている。

カテゴリ別

フィールド別

chase02-banner02UT8OE_bnner_sDYFC_bannernewospbanner

T.NAMIKI動画配信中 LureNews.TVチャンネル

Back to Top