INFORMATIONINFORMATION

トップページINFORMATION > メディア

メディア

メディア情報(Abema TV生放送のお知らせ)

2017-4-19 カテゴリー:メディア

開局1周年を迎えるAbema TVで、4月21日(金)21:00より、生放送にて並木敏成が出演します。



Abema TVとはパソコンやスマートフォン、タブレットなどの端末で視聴できるテレビで、基本的に会員登録は不要です。釣りに特化したチャンネルもあり、さまざまな番組が放送されています。

当日はMCに永浜いりあさんを迎え、並木敏成がこれまで歩んできた道と、今年、出場するアメリカでのトーナメントに掛ける想いについて語ります。

お見逃しなく! アプリをインストールしていない方は、この機会にぜひ!!

メディア情報(つり人社/Pride of STEEZ)

2017-4-03 カテゴリー:スポンサー メディア

3月31日につり人社より発売になりました「Pride of STEEZ」におきまして、並木敏成がSTEEZブランド立ち上げに関する秘話について語っています。

518tXPvZ5lL._SX367_BO1,204,203,200_

「今もSTEEZに流れるBass or Dieの精神 PROJECT B.O.D」と銘打たれたこの企画では、並木が2度目のアメリカのトーナメントに参戦していた2006年当時の回顧録とともに、TDブランドからSTEEZブランドへと移行したいきさつについて綴られています。

さらに企画後半では「STEEZロッド進化のカギ」というタイトルのもとで、2016~2017モデルの本質について言及。開発秘話から並木の主軸となる4タックルの使い分けなど、非常に読み応えのある企画となっています。

これを読めばSTEEZユーザーも、これから購入を検討しているアングラーも、参考になる内容ばかり。ぜひ、ご一読ください。

メディア情報(月刊Basser 2017年5月号)

2017-3-24 カテゴリー:メディア

3月24日発売の月刊Basser 2017年5月号におきまして、並木敏成がテキサスリグのフック選びについて言及しています。

決して妥協することがない並木のフィッシングスタイル。これはフック選びにも徹底されていることが、この記事を読むとご理解いただけると思います。

T・N・Sオフセットに代表される、並木が監修したさまざまなFINAのフックを題材に、各モデルをどういった状況下で使い分けているのか。またフッキングのメカニズムの図解などもあり、非常にためになる内容が満載です。

Basser

ぜひ、ご一読ください。

※別冊「FINAL Ans. of Hook」に掲載された内容をもとに、再編された記事です。よろしければ「FINAL Ans. of Hook」と合わせてご覧ください。

メディア情報(ラジオ・フィッシングトレイン)

2017-3-14 カテゴリー:メディア

3月15日(水)22:00よりレインボータウンFM(FM79.2)にて放送されます「フィッシングトレイン」に、並木敏成がゲスト出演いたします。

パーソナリティを務める吉田遊、吉田撃兄弟と、どんなトークが繰り広げられるのか。お聴き逃しのないよう、ぜひチェックをお願いします。

写真は吉田遊くん。去年のルアーマガジン取材時にお世話になったときのもの。
写真は吉田遊くん。去年のルアーマガジン取材時にお世話になったときのもの。


「独特のノリのよさで、業界を盛り上げてくれている吉田兄弟と2回目のセッション。どんなトークが飛び出すかは未定だけれど、聞いてくれるみなさんのタメになる、楽しませる内容でお届けしたいと思っている。明日はそれまでに耳かきをして、よく聞こえるように準備してからラジオの前に集合だ!」



なお、こちらはホームページからもお聴きいただけます。フィッシングトレインの番組サイトからどうぞ!



3月15日(水)22:00~22:30

パーソナリティ:吉田遊・吉田撃・岩井靖征(キャスティング本部・ルアー担当)

番組ホームページ:http://fishingtrain.seesaa.net/

メディア情報(Basser 2017年4月号)

2017-2-28 カテゴリー:メディア

■月刊Basser 2017年4月号

2月26日発売の月刊Basser 4月号では、連載企画「リーザ―バーマネージメント」のVol.6後編・最終回が掲載されています。

Basser

結果から先にお伝えしますと、最終回の集大成と呼ぶにふさわしいビッグワンが登場! 一歩間違えばゼロも珍しくない真冬の相模湖で、わずかな状況の変化に着目した並木敏成のワザが冴えた一匹が誌面を飾っています。

b

ヒットルアーはO.S.Pジグ04シンクロ3.5g+ドライブシュリンプ3インチ(ロッド:スティーズ・バーニア/リール:イグジスト2506F-H/ライン:キャスタウェイPE 1.5号)。果たしてこのルアーを、どこでどう使ってビッグバスを手にしたのか。

詳しくは誌面をご覧ください。

メディア情報

2017-1-26 カテゴリー:メディア

■月刊Basser 2017年3月号

1月26日発売の月刊Basser 3月号では、連載企画「リザーバーマネージメント」の予報編が掲載されています。

次の実釣は2月。いわば真冬のリザーバーを舞台に、どんなスポットでどういった釣りを展開するのか。イラストやGPSの画像などをまじえつつ、事細かに解説しています。

並木自身が有望エリアにマークしたマップと、手書きのメッセージは必見です!

Basser

また、124ページからは並木敏成がB.A.S.S.オープン参戦への思いを語っています。

10年ぶりにアメリカのツアーに復帰しようと思ったきっかけや、いまの想いなどが赤裸々に綴られています。こちらもお見逃しなく!!



■月刊ロッド&リール2017年3月号

同日発売の月刊ロッド&リールでは、O.S.Pが今年世に放つ、新アイテムの数々を披露。同時に並木敏成のアメリカトーナメント参戦に懸ける想いも掲載されています。

Rod&Reel

今年もO.S.Pではみなさんの釣果アップのお手伝いをするべく、さまざまなアイテムをリリース。ぜひ、ご一読ください。

メディア情報(Osprey’s EYE #32)

2017-1-04 カテゴリー:メディア

1月10日に並木敏成主演の釣りビジョン「Osprey’s EYE #32」が初回放送を迎えます。

今回の舞台は、九州随一のトーナメントリバー、遠賀川。

人的プレッシャーが高いフィールドであることは周知の事実。加えて着実に冬へと季節は移行し、下がりゆく水温がタフコンディションに拍車をかけるタイミング…

b

バスはおろか、すべての生命反応が失われたかのようなこの遠賀川で、決して諦めることなく、最後までキャストを続けた並木。

a

果たして、この状況を打開する策を見出すことはできたのでしょうか。



<放送スケジュール>

1月10日(火)21:00~

1月11日(水)27:00~

1月12日(木)12:00~

1月14日(土)19:00~

1月16日(月)20:00~

1月20日(金)25:00~

1月22日(日)17:00~

1月25日(水)16:00~

1月27日(金)06:00~

メディア情報

2016-12-26 カテゴリー:メディア

■月刊Rod & Reel 2017年2月号

rr

12月26日に発売になります月刊Rod & Reel 2017年2月号におきまして、「Fishing Gear News」のコーナーにて、並木敏成が愛用している車中泊専用マット(オンリースタイル)のインプレッションが掲載されています。

新登場のワイドサイズは非常に寝心地もよく、寝返りも打てる快適さ。まるでベッドで寝ているかのような寝心地で、翌日の釣行に疲れを残しません。

まずは本誌をご一読いただき、車中泊のメリットを感じてください。

■月刊Basser 2017年2月号

b

同日発売の月刊Basser 2017年2月号では、連載企画「リザーバーマネージメント」の実釣編が掲載。

日に日に水温は下がり、厳しさの一途をたどるこの時期。相模湖も決して例外ではなく、そんな状況下での至福の一匹を求めて並木敏成が奔走しています。

果たして、真冬の宝石を射止めることはできたのでしょうか。気になる結果は本誌をご覧ください。

■月刊ルアーマガジン2017年2月号

lm

また、同じく12月26日発売の月刊ルアーマガジン2017年2月号では巻頭で、スクープ記事を掲載。新たに立ち上げる新ブランドのコンセプトおよび、第一弾となる新作ルアー「オリキンウェイクミノー(仮称)」が初披露となっています。

この記事では並木敏成と開発担当の麻生雅之(O.S.Pスタッフ)、そして折金一樹(O.S.Pプロスタッフ)による新ブランドのコンセプトについてのコメントも掲載されています。

全国各地にいる40名以上ものO.S.Pプロスタッフが持つアイデアを具現化するために設立された新ブランドの展開に、ご期待ください。

メディア情報(アングリングバスVol.15)

2016-12-22 カテゴリー:メディア

■アングリングバスVol.15

12月21日に発売されましたアングリングバスVol.15に、並木敏成が初登場。

angling_bass

今回は「並木敏成×冬の利根川&北浦」と題し、初冬の利根川、北浦水系を舞台にバスボートを駆ってラン&ガン。一歩ずつ着実に冬へと近づく、日に日に厳しくなる状況の中で、さまざまなルアーを駆使してバスをキャッチしています。

注目のオーバーライドからタイニーブリッツDR、ブリッツEX-DR、そしてブリッツMAX DRを使ったディープクランキング。さらにハイカットやダンクといったシャッドまで、冬の釣りに欠かせないテクニックを余すところなく解説。

冬バス攻略のヒントに、ぜひご一読ください。

メディア情報(ルアーマガジンリバー2017年2月号)

2016-12-21 カテゴリー:メディア

■ルアーマガジンリバー2017年2月号

12月21日に発売されますルアーマガジンリバー2月号におきまして、第2特集「異釣種コラボシリーズ」の中で、トライアングルの山犬(やまけん)氏と並木敏成の渓流釣行の模様が掲載されています。

9eb7fcd2f527fef709db353085f486d2dac73902_xlarge

記事中では山犬氏と並木敏成の、渓流フィッシングにおけるベイトフィネスの有効性について対談。

「~他ジャンルの釣りから学ぶ鱒釣りの極意~」というサブタイトルにあるように、山犬氏が並木にベイトフィネスでのキャスティングやタックルセッティングについて、根ほり葉ほり聞き出しているシーンは非常に興味深く、バスアングラーも勉強になる内容となっています。



ぜひご一読ください。

Back to Top