並木敏成オフィシャルサイト『THIS IS T.namiki』

並木敏成,THIS IS T.namiki,釣り,ブラックバス,Fishing,OSP,ルアー,Bass Fishing,アメリカ,B.A.S.S,FLW,JB,ダイワ,DAIWA,グローブライド,GLOBERIDE,ハヤブサ,FINA,SUNLINE,サンライン,toshinari namiki,toshinarinamiki,namiki,O.S.P,バス釣り,オーエスピー,toshi
twitter facebook

並木敏成オフィシャルサイト『THIS IS T.namiki』

TOSHI'S DAYS ブログ

トップページTOSHI's DAYS > オーバーライドのカラー理論。

オーバーライドのカラー理論。

2017-12-31 カテゴリー:フィッシングお知らせ

I will talk about color rotation of Over Ride.

冬の定番、オーバーライドのカラーチョイスについて、ご紹介させてもらおう。



通常、クリアウォーターならばアイスシャッドなどのシルバー系が基本。

ややステインやクリアウォーターでもローライトのとき、およびディープならゴールド系。

ステイン~マッディウォーターには、パールピンクバックのようなピンク系。

そしてクリアからステインウォーターのスレバスには、寒鮒が絶対。

さらにステインのディープ、もしくはクリアシャローのスレバスには、コスモブラックが圧倒的に効く。



以前、自分のフェイスブックでもご紹介したが、三島湖のディープでコスモブラックが非常に効いた。

友人の成田君も相模湖の柴田ボートさんで開催されている「柴田カップ」において、白濁りした水の11~12mというディープで、オーバーライドのカラーをコスモブラックに変えたとたん5バイト。

これは他のカラーやワームではバイトが得られなかった中で、同一スポットに一日、浮き続けた結果論。確かな情報だと言えるだろう。

またO.S.P動画で公開中の自分とプロスタッフの寺沢君との秋の相模湖編。

このときは水が超クリアで、かつもっと浅いレンジで釣っていたため、むしろフラッシングを抑えられる寒鮒が明らかに強かった。



この冬のみなさんの、釣りの参考になれば幸いである。

by Toshinari Namiki
1 / 11

アーカイブ

カレンダー

2018年4月
« 3月  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30 

カテゴリ別

フィールド別

chase02-banner02 chase02-banner02UT8OE_bnner_sDYFC_bannernewospbanner

T.NAMIKI動画配信中 LureNews.TVチャンネル

Back to Top