並木敏成オフィシャルサイト『THIS IS T.namiki』

並木敏成,THIS IS T.namiki,釣り,ブラックバス,Fishing,OSP,ルアー,Bass Fishing,アメリカ,B.A.S.S,FLW,JB,ダイワ,DAIWA,グローブライド,GLOBERIDE,ハヤブサ,FINA,SUNLINE,サンライン,toshinari namiki,toshinarinamiki,namiki,O.S.P,バス釣り,オーエスピー,toshi
twitter facebook

並木敏成オフィシャルサイト『THIS IS T.namiki』

TOSHI'S DAYS ブログ

トップページTOSHI's DAYS > 宝物のリールに思う、道具の進歩と進化。

宝物のリールに思う、道具の進歩と進化。

2016-02-17 カテゴリー:フィッシングプライベート

This is my memorial reel.

I bought this Daiwa reel when I was high school student.

Fishing tackles has achieved evolution in rapid progress.

This is also a fun part of fishing.



これは自分が高校生のときにはじめて購入したベイトリールで今となっては宝物。

A

先日のフェイスブックおよびブログで話したものの、何より実物をお見せできていなかったね。

画期的だったオートキャストクラッチのシステムに惚れたのと、マグネットブレーキに興味津々だった。

当時、これでバックラッシュすることなく投げられる、という謳い文句もあった。

確かにリール本体にもアンチバックラッシュ(PATENT PENDING)と書かれている。

B

ダイワ・ファントムシリーズは世界ではじめて磁力を使ったブレーキが搭載され、当時はまだ特許出願中だったんだね。

またこのモデルはハンドルが逆転方向に多少戻るんだけど、これについてはこの5~6年後に、これまた世界に先駆けてガタのないストッパーを搭載したTD Hiシリーズの誕生が解消した(下の写真のモデル)。

C

そしてそのインフィニットストッパーはその後、スピニングリールにも採用されていった。

先日、これらのリールを久しぶりに投げてみたけれど、弾道は浮きまくりだし、ガラガラ音はするし…

時代の進歩はすごいなと感じた。

by Toshinari Namiki
1 / 11

アーカイブ

カレンダー

2018年1月
« 12月  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 

カテゴリ別

フィールド別

chase02-banner02 chase02-banner02UT8OE_bnner_sDYFC_bannernewospbanner

T.NAMIKI動画配信中 LureNews.TVチャンネル

Back to Top