並木敏成オフィシャルサイト『THIS IS T.namiki』

並木敏成,THIS IS T.namiki,釣り,ブラックバス,Fishing,OSP,ルアー,Bass Fishing,アメリカ,B.A.S.S,FLW,JB,ダイワ,DAIWA,グローブライド,GLOBERIDE,ハヤブサ,FINA,SUNLINE,サンライン,toshinari namiki,toshinarinamiki,namiki,O.S.P,バス釣り,オーエスピー,toshi
twitter facebook

並木敏成オフィシャルサイト『THIS IS T.namiki』

TOSHI'S DAYS ブログ

トップページ > TOSHI's DAYS

O.S.P T.Namiki Cupのお礼。

2017-11-21 カテゴリー:フィッシング プライベート お知らせ

O.S.P T.Namiki Cup was held last Sunday. We had a great time. Thanks all!!

先週の日曜日に、O.S.P T.Namiki Cupが長門川スロープにて無事に開催された。

集まってくれたみなさん、そしてご協賛いただきましたメーカー各社様。この場を借りてお礼申し上げます。ありがとうございました。

優勝されたチームのおひとりは、20年ほど前に亀山湖で立ち木に座礁していたところ、自分が救出してあげたことがある人だった。

その話しをされて自分も記憶がよみがえり、非常に懐かしい思いに駆られたと同時に、再会できたことをうれしく思った。



菅原さん、小嶋さん、優勝おめでとうございました。

さて、今回もまた、ウィニングルアーはドライブビーバー3.5インチだった。

相模湖のローカルトーナメントでは3戦連続ウィニングルアーになっていたのだが、ディープ&クリアなリザーバーだけでなく、先日のカズのエリート5優勝や、今回の並木カップでの優勝ではマッディシャローレイクでも結果を出している。

使用法なども含めて、大盛り上がりだった大会の模様はO.S.Pサイトに読み応えあるレポートを掲載しましたので、そちらをご覧ください。

by Toshinari Namiki

O.S.P産キウイの収穫。

2017-11-17 カテゴリー:フィッシング イベント プライベート

We have a good crop ow kiwis. These grown in O.S.P!!

実りの秋ということで、今日はO.S.Pに無限になったキウイを収穫した。



今は硬くて食べられたものじゃないが、リンゴと一緒にビニール袋に入れて保存しておくと柔らかく、そして甘くなるらしい。

さっそく試してみようと思う。

そうこうしていると、オリキンがサンプルを持って来社。



プールで動きやアクションなどを入念にチェックしていた。

せっかくなので、いつもがんばっているオリキンにもO.S.Pメイドのキウイをお裾分け。



オリキンって何気にキウイが似合うと思うのは自分だけ?

さて、今度の日曜日はいよいよ、長門川・将監川でO.S.P T.Namiki Cupが開催される。

参加されるみなさん、くれぐれも安全運転で。

最後にお知らせですが、ご案内している臨時駐車場が変更になりました。

当日、スタッフが案内しますのでよろしくお願いします。

by Toshinari Namiki

スローロールでビッグバス!!

Bigger spinnerbaits will make a great job!! Try it!!

水温が下降傾向になるこの時期は、タイフーンやハイピッチャーマックスなど、大きめのスピナーベイトのスローロールが有効になる。

これはこの時期にアラバマリグが聞くのと同じ理由であると言えるだろう。

合川ダムや七川ダムで活動しているO.S.Pプロスタッフの、辻井伸之君の記事は昨日シェアさせてもらったとおり。

※写真は辻井君のフェイスブックより

加えてカズも、昨日のルアーニュースのロケにおいて、ハイピッチャーマックス5/8オンスや3/4オンスという重たいところでかなりいい結果を出したそうだ。

この模様は来週、ルアーニュースの紙面および動画にて公開されるので、乞うご期待。

※写真はカズのFacebookより

また、来週火曜日に初回放送を迎える釣りビジョン「Osprey’s EYE」でも、ハイピッチャーマックスの3/8オンス~3/4オンスが大活躍している。

ロケは今から1ヶ月近く前とはいえ、前日まで水温は20℃以上あったのだが、冷たい雨の影響で上流域は16℃台まで落ち込んだ。

そんなエリアで3/4オンスクラスという重めのスピナーベイトを、バンクに沿って斜めにカーブフォール気味にトレース。これでグッドサイズをキャッチした。



超スローに巻いてもしっかり回るブレードと、その回転を確実に感じ取れるバイブレーション感、ウィードが引っかかったことや、わずかな水流の変化、さらには前アタリも抜群に取りやすい感度の高さ。加えて強度とフックサイズ、飛距離にもこだわった、トータルバランスの高さがハイピッチャーマックスの特徴である。

詳しくは、Osprey’s EYEの放送をお楽しみに。

さらに琵琶湖ガイドの森田君は先日公開されたBRUSHの動画内で、ハイピッチャーマックスの重たいところやブリッツマックスDRを駆使して、ロクマルを含むビッグバスを連発している。

※写真は森田君のフェイスブックより

こちらもぜひ、ご覧いただきたい。



みなさんもこの週末、スローロールでいい釣りを!!

by Toshinari Namiki
1 / 20312345...102030...最後 »

アーカイブ

カレンダー

2017年11月
« 10月  
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930 

カテゴリ別

フィールド別

chase02-banner02 chase02-banner02UT8OE_bnner_sDYFC_bannernewospbanner

T.NAMIKI動画配信中 LureNews.TVチャンネル

Back to Top