並木敏成オフィシャルサイト『THIS IS T.namiki』

並木敏成,THIS IS T.namiki,釣り,ブラックバス,Fishing,OSP,ルアー,Bass Fishing,アメリカ,B.A.S.S,FLW,JB,ダイワ,DAIWA,グローブライド,GLOBERIDE,ハヤブサ,FINA,SUNLINE,サンライン,toshinari namiki,toshinarinamiki,namiki,O.S.P,バス釣り,オーエスピー,toshi
twitter facebook

並木敏成オフィシャルサイト『THIS IS T.namiki』

TOSHI'S DAYS ブログ

トップページ > TOSHI's DAYS

DAIWAの新しいフェイスブックページのお知らせ。

2016-04-15 カテゴリー:フィッシング イベント お知らせ

Please check this Facebook Page “Ultimate BASS by DAIWA”.



この春、新たにDAIWAのFacebookページがスタートした。

A

バスフィッシングに関する情報を専門的に扱う「Ultimate BASS by DAIWA」がそれだ。

このページではDAIWAが誇るプロスタッフ陣が、ロッドやリール、ルアー、さらにはアパレルなどの情報をユーザーのみなさんに発信。

中には発売前のニューアイテムに関する、貴重な情報も提供されるらしい。

ここ数日、琵琶湖でDAIWA WORKS Fesが開催されていたが、そうしたイベント情報やプロスタッフの釣果情報なども更新されるので、ぜひチェックしてほしい。

C

スティーズのカバーチャターとそれ専用とも言えるブラックレーベルのロッドで出来栄えはとてもいいと思います。



また一昨年から自分及びO.S.Pがスタートさせた「少年よ、ボートで繰り出せ!!」を今年も実施する。

B

昨年同様、相模湖の柴田ボートさん、津久井湖の津久井観光さん、そして長門川・将監川の北総マリンさんにご協力していただく。

この機会にぜひ、ボートフィッシングの楽しさと、バスフィッシングの奥深さを知ってほしい。



byToshinari Namiki

ビッグバスと対峙するクラッチワークの真相。

I give advice to you about clutch work.

Please refer to “Osprey’s EYE#29”. And check the DVD of “CIRCUS”!!

スプリングロード第一弾も終わり、心身ともに疲労困憊…

そんな疲れた体を休めつつ、不在中に溜まった仕事を眠気と闘いながら今日は八王子でがんばっている。

釣りビジョンで放映中の「Osprey’s EYE #29」七色ダム編をご覧いただいただろうか。

a

その中でタイニーブリッツDRにて2匹のグッドサイズをキャッチしたのだが、

そのシーンに関してよくある質問について今日はお答えしようと思う。

このとき、ラインはFCスナイパーの8lbを使用。

バスが走ったとき、その引きに応じてベイトリールのクラッチを切って対応しているのだが、

バスの引きが強いほどクラッチを切ることができない、という失敗談を耳にする。

自分は左手でクラッチを切るのだが、そのとき右手はハンドルに添えておき、

やや前に、つまり回転方向に力を入れることで確実にクラッチを切れるようにしている。

オンエア中の映像を見ていただくとわかると思うが、ファイト中に「カチ、カチ」と頻繁にクラッチを切る音が聞こえる。

ぜひ、参考にしてほしい。

話しは変わって内外出版社から発売中のDVD「サーカス」。最終版はまだ自分も見れていないのだが、

先日の豊英ダムでの釣行時に、朝、フィールドで会った数人のアングラーたちが

「サーカスを見ながら来ました!」といううれしい声を聞かせてくれた。

b

どうもありがとう!みなさんもぜひ、ご覧になってください。

c

最後に、カスミロケの際にW.B.S.トーナメントと今年からJBにも参戦している平本プロに会った。

W.B.S.初戦は準優勝を果たしたそうで、おめでとう!

d

今シーズンのますますの活躍に、期待しています。

来週はいよいよ、ルアーフェスタin仙台だね。

O.S.Pでもブースを出展します。

東北エリアのみなさんに会えるのが楽しみだ。

時代の進化を実感するCASIOのスマートウォッチ。

I went to lake Sagami the day before yesterday.

CASIO smart watch is coming soon. It is very interesting gear.



今年のバスマスタークラシックは、大興奮だったね。

エドウィン・エバースの見事な大逆転劇は本当にすごかった。

昨年はエリートシリーズで2連勝を果たしたエバースだけど、自分がアメリカのトーナメントに出ていたころはかぶっておらず面識はないんだけど、とてもスマートな選手だと感じている。

他の試合でもまわりの選手がシャローのバンクをメインにしている中、ひとり沖側で釣りをして勝つなど、まわりに振り回されず自分のスタイルを貫く選手。

エドウィン・エバース選手、本当におめでとう。



おめでたい話題と言えばこのクラシックの会場で、ゲーリー・ヤマモト氏がアメリカのバスフィッシング界で最も権威のある「Bass Fishing Hall of Fame 2016」を受賞し、表彰されました。

ゲーリーさんとその会社には自分が駆け出しのころからお世話になっている。

自分が日本のトーナメントでそれまで、日本最古の15ftのバスボートに乗っていたのだが、ほかのライバル選手と比べると機動力という面で大きなハンデだった。

そのときゲーリーさんが、アメリカで自分が乗っていた18ftのボートを貸してくれた。

そのおかげもあってアングラーオブザイヤーを獲得することができた。

またアメリカのトーナメントに参戦中も、あらゆる面でお世話になった。

いまもアメリカで活躍している多くの日本人選手の支えとなっている偉大な人物である。

今回の表彰は自分もたいへんうれしく思う。

ゲーリーさん、本当におめでとうございます。



さて、一昨日はCASIOのスマートウォッチ「WSD-F10」の撮影を相模湖で行ってきた。

image

スマホやタブレットとブルートゥースで同期することで、PROTREKと同様に気圧や方位を知ることができるだけでなく、天気などのアプリも時計で操作することが可能になるという、時代の進化を感じずにはいられないアイテムだ。

それら機能をフィールドで実際に使ってみて、その使用感を語るという取材だった。

「できればサカナの絵も…」というリクエストもあったので、困った時の… HPシャッドテール3.1インチの5gダウンショットを投入。

image

45cmアップをキャッチすることに成功した。

この模様は3月31日配布の「フィールドライフ(枻出版社刊)」に掲載されるので、ぜひご一読ください。

image

昨日はヒューマンアカデミーの卒業式に来賓としてお声がけをいただいたのだが、どうしても外せないミーティングがあったため社員に代理で出席してもらった。

image

このたび卒業されたみなさん、本当におめでとうございます。

会場に行くことができず、申し訳ありませんでした。

これからのますますのご活躍を、期待しています。



今週は近場の相模湖でロケだったが、来週は遠征。

その準備もしなきゃな。

さらに3月19~20日は小倉で開催される「西日本釣り博」もある。

当日のスケジュールは近々、アナウンスさせていただきます。

今回も会場でたくさんの方に会えるのを、楽しみにしています。



by Toshinari Namiki

アーカイブ

カレンダー

2018年1月
« 12月  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 

カテゴリ別

フィールド別

chase02-banner02 chase02-banner02UT8OE_bnner_sDYFC_bannernewospbanner

T.NAMIKI動画配信中 LureNews.TVチャンネル

Back to Top