並木敏成オフィシャルサイト『THIS IS T.namiki』

並木敏成,THIS IS T.namiki,釣り,ブラックバス,Fishing,OSP,ルアー,Bass Fishing,アメリカ,B.A.S.S,FLW,JB,ダイワ,DAIWA,グローブライド,GLOBERIDE,ハヤブサ,FINA,SUNLINE,サンライン,toshinari namiki,toshinarinamiki,namiki,O.S.P,バス釣り,オーエスピー,toshi
twitter facebook

並木敏成オフィシャルサイト『THIS IS T.namiki』

TOSHI'S DAYS ブログ

トップページ > TOSHI's DAYS

奥多摩湖の番人と…

昨日は、10数年ぶりに奥多摩湖へ行ってきた。

CIMG3616

ドライブで近くを走ったことはあったけど、

釣りとなると、タイフーンのプロトを持って、

開発担当の弊社スタッフ・橋本洋一と行ったとき以来。

それが10数年前で、そのときはプロトのタイフーンで数匹のバスをキャッチした。

 

今回、行動をともにしたのは、奥多摩湖の番人・横島勝さん。

CIMG3615

横島さんとの出会いもまた、10数年前。

記憶は曖昧だけど、フィッシングショーで会ったのが最初だったかな。

それ以来、会うたびにずっと「奥多摩湖、ご一緒しましょう」と誘いを受けていた。

しかしお互い忙しい身で、なかなかタイミングが合わずで、

やっと昨日、10年来の約束を果たせた、というわけ。

CIMG3608

横島さんといえばいろんなメディアでそのスタイルが紹介されてきた。

車を停めた場所から延々と歩いたり、ときにはロープを使って崖を下ることも。

しかし昨日はそこまでの攻めはせず、普通にアクセスできるところを回っていただいた。

 

 

今回の奥多摩湖釣行の目的は大きくふたつ。

もちろん、横島さんとの約束を果たすというのは大前提。

それ以外のひとつは横島さんがどんな場所で、

どんな釣りをしているのか、非常に興味があった。

 

もうひとつは奥多摩湖の現状の把握。

バスが減ったと言われていて、それにともなってアングラーも減少。

その真相を把握したいな、という気持ちもあったんだ。

 

昨日は車を停めたその真下だったり、歩いて数分のところなど、

釣りができる場所はけっこうあるんだな、と感じたね。

また、40cm以上のバスは7~8匹は見ただろうか。最大は50cmクラスも。

水温が低く、バスが浮くような状況ではなかったけれど、

30cm以下のバスの姿も20匹ぐらいは目にしたかな。

 

本来、もう少しバスはいるんだろうけど、

湖の規模から言うと決して魚影が濃いとはいえないだろうね。

でも、きっちり狙えば獲れる、と認識できた釣行でもあった。

みなさんも、バスをいたわる気持ちを忘れずに、奥多摩湖に臨んでほしい。

 

 

ちなみに昨日の釣果は、お互いに30cmクラスを1匹ずつ。

自分はドライブクローラー5.5inのダウンショット、

横島さんは確か、6inスワンプクローラー系のノーシンカーワッキーでキャッチした。

CIMG3610

ロッドはキングボルト。ラインはFCスナイパー4.5lb。フックはDASを使用。

 

横島さんがドライブクロー5inのテキサスリグをブッシュに絡めてリフトしているときに

50cmクラスのサカナが口を使ったんだけど

タイミングが合わずに抜けてしまったのは惜しかった!

昨日は釣果よりもいろいろな奥多摩湖の顔を見せてもらうのが第一の目的だったのだが

釣果最優先、本気で釣れば40cmアップを二人で数匹は獲れる、そんな状況だったね。

 

今回はいろんなところを回って、奥多摩湖のよさを知ることができた。

リザーバーはいろいろあるけれど、峠道を上がりきった、まさに山上湖という独特の雰囲気もまたいい。

水も美味いし、空気も美味い。そんなところで自然を観察しつつ、いい汗をかき、バスと戯れる。

本当に、最高のフィールドだよ。

みなさんもぜひ、奥多摩湖にチャレンジしてほしい。

CIMG3609

 

 

帰り道、バスプロとしての今の自分がある、その恩人の

山本さんが経営しているお寿司屋さん「江戸八」さんに寄らせてもらった。

IMG_20140710_165131

 

数週間前には、T.Namiki’s Fishing Roomに来ていただいた。

IMG_20140619_145937

今度はゆっくり、食事しに行こうと思う。

 

そうそう、信号待ちで隣に止まった車の運転手さんと目が合うと

その方がおもむろに手で「O.S.Pウィングマーク」のポーズをしてくれた。

少しずつ浸透しているねー、ありがとう!!

CIMG3620

 

というわけで、夏休み特別企画。

フィールドで「O.S.Pウィングマーク」のポーズを見せてくれたら

ステッカーをもれなくプレゼントするよ!

ただし取材中など、声をかけるタイミングをちゃんと考えてね。

この企画は7月22日から8月31日まで。街中では対応できないのであしからず。

 

 

最後に、自分が出ているO.S.P動画が今日から公開されている。

はじめて訪れたリザーバーでの2日間の模様をお届けしている。

まずは前編。YAMATO O.S.P SPEC2やブレードジグ5/8oz、

ブリッツMAX DRなどのハードベイトを主体にグッドサイズを連発している。

来週には後編も公開される予定。

2日目は01ストロングや03ハンツなども織り交ぜて、

未踏のリザーバーを完全攻略! そちらもお見逃しなく!!

 

 

オトナのオモチャ…

2014-07-08 カテゴリー:フィッシング プライベート その他

昨日、自分にとって大切なオモチャが到着した。
といってもいかがわしいものではなく、それはパント12ft用のトレーラーで
先日、購入を決めたものがやってきた、ってこと。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 


まるでクリスマスプレゼントを手にしたかのような充実感でいっぱい。
早くフィールドに出かけたいね。

このサイズのトレーラーのことを調べたのは、実に10年以上ぶり。
そんな中で、今回購入したBLAST TRAILに出会ったんだけど、
今のトレーラーがここまで進歩しているとは、正直、思わなかったよ。

20フィートのRangerのトレーラーは、
先端が曲がるスイングアームトングなどの機能面が充実。
もちろん、作りもしっかりしている。
それに対して小型トレーラーは骨組みだけで終わり、というものが多い中
BLAST TRAILは見た目はもちろんのこと
男心をくすぐる機能やパーツの多さにびっくり!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

こちらもスイングアームトングやショックアブソーバーがあったり
固定式トランサムタイダウンやLEDライトなど、さまざまな機能が充実。
語りだすと止まらないので、気になる方はBLAST TRAILのサイトをご覧ください。

このトレーラーが納車されて改めて思ったんだけど、
やっぱり日本人ってすごいよね。
日本人が本気で作ったものは、世界に誇れる。
それをBLAST TRAILでも感じたよ。

今回は特別にダイナミックスのスタッフ、井上さんが陸送してくれた。
彼は長年、バスフィッシングを楽しんでいるアングラーで、
実はBLAST TRAILは井上さんの設計でもあるんだ。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

そんな思いの詰まったトレーラーを運んでくださり、セッティングまでしてくれました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

井上さん、ありがとうございました!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 


さて、この新しいトレーラーは、いつデビューさせようかな……

夢を追う若者との釣り。

水曜日は河口湖へ。

若いアングラーと一緒に釣りをする機会があるんだけど、その理由はさまざま。

例えば新しいスタッフを考えたとき、一緒に釣りをすることで

そのアングラーのレベルや考え方を見ることができるよね。

これは O.S.P にとって、いう部分だけでなく、自分のスポンサーさんに

新たな人材を紹介するための釣行でもあるんだ。

 

あとはスポンサーは関係なく、若手アングラーのレベルアップのために

一緒にフィールドに出ることもある。

これは自分から誘うこともあれば、逆に頼まれることだってある。

 

CIMG3453

今回も将来性のある、アツい夢を持っている若いアングラーと湖に出たんだ。

自分の目から見ると、このアングラーには光るものがあるのではないか、と思える。

同船して、真後ろから釣りを見させてもらい、ときには自分も一緒に釣りをした。

 

CIMG3458

彼はホームが河口湖ということもあって、ライトリグやサイトがうまい。

今後はタイプの違うフィールドをもっともっと経験して、

トータル能力をさらに高めていってほしいよね。

マッディウォーターの釣りやパワー系の釣り、広いフィールドでバスをいかに探すか、など、

異なるタイプのフィールドで、もっと釣りをすればさらに伸びるな、と感じたね。

これは本人も自覚しているようで、目標を達成するために何が必要なのか、

しっかりと認識できている若手アングラーだった。

将来、バスプロとして成功していることを祈っているよ。

CIMG3449

 

この日、使ったのは今年の新作、スティーズ・ファーストホーク。

フィッシングショーで、このロッドの製作者である川口直人プロとトークをしたんだけど、そのときに

「これまで感じ取れなかったコギルやダボハゼがいかにワームをつついていたのか、ということまでがわかる感度抜群のロッド。これを使って釣れなかったとしたら、言い訳ができないよ」

と話していたんだけど、まさにそのとおりだね。

1.8gの04シンクロというスモラバを使ったのだが、セミフットボールというヘッド形状ゆえ、ウィードに引っ掛けたり、

感度よくウィードの感覚が手元に伝わったという部分もあるのだろうが、明らかにロッドの性能の差も感じた。

ソリッド素材ではなく、チタン系メタルトップゆえ、超しなやかにも関わらず感度もある。

これぞ、 Daiwa の技術力だね。

CIMG3461

このあと、ゲーリージャパンオフィスへ久し振りに寄った。

ここはいつお邪魔してもスタッフのみなさんが、快く出迎えてくれる。

昨日は新作ルアーと、不足していたアイテムの補充をさせてもらった。

スタッフのみなさん、お忙しいところありがとうございました!

 

CIMG3463

 

GEE PROP のクリアスイッシャーは“ヤバイ”ね。

釣果はこれから使い込む自分にとっては未知数だけど

こういう明らかなコンセプトを持って作り込まれたルアーが大好きだよ !!

 

ところで、レイラさん(釣り仲間の娘さん)から、写真が送られてきたので紹介させてもらうよ。

写真 1

バスのコンディションもいいし、レイラさんのスマイルも超かわいいね!

ピンクがとても似合っているよ。これからもバスフィッシングシーンを明るくしてください !!

 

image

 

さて、中国地方の彼女の紹介が終わったところで、今度は九州の彼氏の話を。

以前にも紹介したことがあるのだが、“マシンガンカット(美容師)”でおなじみの“ヨシハル”くんたちがかっこいい動画を製作しているようだ。

 

自分も見せてもらったが、どれも PV みたいだね。ヨシハルくん、釣りのほうもずいぶんうまくなったね!

ただし、ハンドランディングのときに、ティップからのラインをもう少し長く残しておいて、ラインを手でつまんだほうがいいと思うシーンもあったけれど…

 

マツケンくんも、なかなかやるじゃん。この調子でがんばってほしいね。

こんなにおしゃれでイケてる動画を作るなんて、才能を感じるよ。

ただし、ピッチングはもう少し、練習しよう。

 

みなさんもよろしかったら、ご覧ください。

 

20 / 36« 先頭...10...1819202122...30...最後 »

アーカイブ

カレンダー

2018年4月
« 3月  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30 

カテゴリ別

フィールド別

chase02-banner02 chase02-banner02UT8OE_bnner_sDYFC_bannernewospbanner

T.NAMIKI動画配信中 LureNews.TVチャンネル

Back to Top