InformationInformation

トップページ > Information

メディア情報(Basser 2016年5月号)

2016-3-25 カテゴリー:その他 スポンサー メディア

■つり人社/Basser 2016年5月号



2016年3月26日発売の「月刊Basser5月号」では、並木敏成の新連載がスタート。

難攻不落の牙城と称しても過言ではない神奈川県相模湖を舞台に、シーズンを通したリザーバーの攻略法を紹介します。

10645209_996295207113496_3525679016722098245_n

今月は予告編。

季節ごとのパターンを予測し、次号でフィールドに出て検証するという二部構成の斬新な企画になっている。



リザーバーに対して苦手意識が高いアングラーには、必ずためになるこの企画。リザーバーを敬遠してきた人も、そうでない人もぜひ、ご一読ください。



またP.140~は、今シーズンより新たにプロスタッフに加わった、山岡計文プロと並木敏成の対談が掲載されています。

IMG_1452

二人の出会いから、お互いが求めるもの、そして将来のビジョンなど、興味深い内容となっています。こちらも合わせてご覧ください。

イベント情報(西日本釣り博2016)

2016-3-11 カテゴリー:その他 イベント スポンサー

来る3月19~20日に北九州市の西日本総合展示場にて開催されます「西日本釣り博2016」に並木敏成が参加します。

当日のスケジュールは以下。



●3月19日(土)

11:00~12:00 サイン会(サンラインブース)

14:00~15:00 サイン会(サンラインブース)

16:15~16:45 トークイベント(レッドステージ)



●3月20日(日)

11:30~12:30 サイン会(ハヤブサブース)



「フィッシングショーシーズンもいよいよ大詰め。残すところこの西日本釣り博と宇都宮で開催されるルアー&フライフェスティバル、そしてルアーフェスタin仙台の3つ。本格的なハイシーズン突入直前に、会場に来てくれたみんなのためになるトークを用意して盛り上げていくよ。サイン会ではステッカーもプレゼントする予定。たくさんのみなさんに会えるのを楽しみにしています!」by並木敏成



当日はぜひ、会場に足をお運びください。

イベントの詳細はこちら→西日本釣り博2016

メディア情報(Basser 2016年4月号・釣りビジョン「D:z WORKS」)

2016-2-26 カテゴリー:その他 スポンサー メディア

■つり人社/Basser 2016年4月号

巻頭特集「チャターベイトタイプ」におきまして、「O.S.P BLADE JIG「幻影のブレード」に死角ナシ」と題して、並木敏成がO.S.Pブレードジグについて言及しております。

Basser

誌面ではO.S.Pブレードジグの構造に関する話から、トレーラーワームについて、そしてBasser誌における過去の取材時の実績、さらには開発秘話にいたるまで、興味深い内容盛りだくさんでお届けしています。これを読めば必ず、ブレードジグを使ってみたくなる!? ぜひご一読ください。



■釣りビジョン「D:z WORKS」

Daiwaの製品開発に携わるワークスタッフに密着し、技術者の活躍に焦点を当てる番組「D:z WORKS」の、第6話および第7話が放送されています。ここでは新製品のロッド、リール、およびルアーを日本およびアメリカのフィールドでテスト。中には並木のTNFRにおけるミーティング、および並木が同行したアメリカでのテスト釣行の模様も紹介されています。

12240107_945672608836350_3586235902700134279_n

第7話は2月28日(日)午前5:00~放送です。ぜひご覧ください。

イベント情報(THE KEEP CAST)

2016-2-15 カテゴリー:イベント スポンサー

2月20~21日にポートメッセなごやで開催されます「名古屋ルアーフィッシングフェスティバルTHE KEEP CAST」に、並木敏成が参加します。

予定されているイベントスケジュールは下記。



2月20日(土)

11:30~12:00 チャリティオークション

13:00~13:30 Daiwaブースにてセミナー 「スティーズ10周年の歩み」(with橋本卓哉・茂手木祥吾)

14:30~14:55 ステージ東にてトーク 「Daiwa 2016 Newタックルについて」

16:00~ Daiwaブース 講演セミナー参加当選者との記念撮影会(DAIWAテスター全員)

2月21日(日)

10:30~11:00 センターステージにてトーク 「O.S.P&Daiwa 2016 Newタックル解説」

13:00~13:30 Daiwaブースにてセミナー 「スティーズ10周年の歩み」(with橋本卓哉・茂手木祥吾)

14:00~14:25 ステージ東にてトーク 「Daiwa 2016 Newタックルについて」

15:30~15:55 ステージ東にてトーク 青木大介プロとトーク

16:00~ Daiwaブース 講演セミナー参加当選者との記念撮影会(DAIWAテスター全員)

※写真は昨年のトークの模様です。
※写真は昨年のトークの模様です。


「フィッシングショー横浜、大阪の興奮が冷めやらぬうちに、今週は名古屋! 回を重ねるごとに充実度が増しているキープキャストを盛り上げていくよ。中部エリアのたくさんのアツいアングラーに会えるのを楽しみにしています。今週末は、ポートメッセなごやに集合!!」by並木敏成



中部地区だけでなく、近隣にお住いの方はぜひ、足をお運びください。

キープキャストの詳細はこちら→名古屋ルアーフィッシングフェスティバル THE KEEP CAST

メディア情報(BURITSUサイト)

2016-1-28 カテゴリー:その他 メディア

並木敏成のフェイスブックページ、およびこのサイト内の「MESSAGE FROM TOSHI」でもお伝えしましたが、「BURITSU」サイトにて並木敏成のインタビュー記事が掲載されております。

並木敏成の釣りに対する想いや、将来のバスフィッシングについて思うことはもちろん、若かりし頃、自転車で50~60㎞の道のりを越えて釣りにいった逸話(!?)などが赤裸々につづられています。

ぜひ、ご一読ください。

BURITSUサイトはこちら

イベント情報(フィッシングショー横浜での物販情報)

2016-1-28 カテゴリー:その他 イベント スポンサー

いよいよ明日より、パシフィコ横浜にて開催されるフィッシングショー。

会場ではメーカー各社がさまざまな新商品をご用意して、みなさまのご来場をお待ちしております。

また並木敏成も、スポンサー各社様のブース、およびメインステージにてセミナーを予定。

スケジュールをご確認のうえ、ぜひ各イベントステージへお越しください。



FINAでは今年も、この会場でしか入手できないアイテムを販売します。

ワークキャップ。

C

フックケース。

B

マルチケース。

A

今年は並木敏成をはじめとする、FINAプロスタッフのサインがふたの四隅にあしらわれています。



いずれも数に限りがありますので、ぜひとも入手したいという方はお早めに!

イベント情報(フィッシングショーでのイベントスケジュール・再告知)

2016-1-27 カテゴリー:その他 イベント スポンサー

フィッシングショーにおける、並木敏成のイベント情報をお知らせします。

2016FSトーク

フィッシングショー大阪での2月7日(日)15:30より、釣りビジョンブースにおきまして伊豫部健プロとのトークが追加されました。

お時間がある方はぜひ、並木敏成とイヨケンのトークを聞きに来てください。お待ちしております!

イベント情報(フィッシングショーでのイベントスケジュール)

2016-1-25 カテゴリー:その他 イベント スポンサー

フィッシングショーにおける、並木敏成のイベント情報をお知らせします。

2016FSトーク

※横浜会場で予定されております1月31日(日)9:00~の握手&サイン会では、先着30名の方にサイン入りタックルボックスがプレゼントされます。

「今年も賑やかなショーになりそうだね。Daiwaでは新作のリールやロッドの話をするつもり。また各所で盛三君やイヨケン、青木君とのセッションが予定されているので、こちらも楽しみだ。キャスティングコーナーでは来てくれるみんなのためになるように、すでにネタを思案している。逆にこちらは、楽しみにしていてほしいね。またサンラインのサイン会などでは、オリジナルのステッカーも用意している。数に限りがあるので、品切れの際はご容赦ください。とにかく、自分を見かけたら気兼ねなく声をかけてほしいね」by T.Namiki

メディア情報(つり人社ムック「Final Ans. of Hook ~フックセレクトの結論~」・ロッド&リール2016年3月号)

2016-1-25 カテゴリー:その他 メディア

月刊Basser別冊「Final Ans. of Hook ~フックセレクトの結論~」(つり人社)

1月26日に発売になるBasser別冊「Final Ans. of Hook ~フックセレクトの結論~」では、普段、あまり語られることのないフックに関するさまざまな解説が並木敏成や川村光大郎など、FINAが誇るプロスタッフ陣によって展開されています。

その中で並木敏成はトリプルフックに対する持論やカバーフィッシングにおけるワームフックの使い分け、さらには青木大介プロとの対談など、随所でフックについて熱く語っています。

51xGEJfJfUL

「フックに関する話は、明確な狙いがあるにもかかわらず、これまでしっかり伝えきれていなかったので、いつも以上に真剣に取り組んだ。フックはサカナに最も近い位置にあり、ナイスなルアーを選んで、ナイスなキャストと誘いで食わせても、フックのセレクトがイケてなければ0点に終わる。フックセレクトに絶対はないけれど、理詰めのセレクト法やフッキング法がある。それらについて徹底的に解説している。これまで多くのアングラーにとって曖昧模糊としていた疑問が、一気にクリアアップすること間違いなし!」by T.Namiki



ロッド&リール2016年3月号

1月26日発売の「ロッド&リール2016年3月号」では「日本のバスフィッシング その現在地と未来」におきまして、並木敏成がバスフィッシングの現在と未来について語っています。

81Ndnub43BL

「先月号の直筆メッセージを読んでくれた人もいるだろう。字は思いっきりへたなので照れくささはあったけれど、それでも気持ちを込めて書いたよ。今月号では日本のバスフィッシングの現状と、今後、何が必要とされるのかについて語った。日本のバスフィッシングの将来が、明るいものになるために…」by T.Namiki

どちらもぜひ、ご一読ください。

メディア情報(ロッド&リール2016年2月号)

2016-1-06 カテゴリー:メディア

地球丸/ロッド&リール2016年2月号



ロッド&リール誌創刊20周年を記念したスペシャル連載企画「直筆 プロフェッショナルからの手紙」におきまして、並木敏成からロッド&リール読者の皆様に向けた、直筆メッセージを公開しております。

さらに誌面では、ここでしか手に入らないスペシャルプレゼントも掲載。

ロッド&リール2月号をぜひご覧ください!!

A

10 / 23« 先頭...89101112...20...最後 »
Back to Top