InformationInformation

トップページ > Information

イベント情報(並木カップ2016)

2016-8-09 カテゴリー:その他 イベント スポンサー メディア

毎年恒例の「O.S.P-T.Namiki Cup 2016(通称:並木カップ)」が、今年は9月25日(日)に千葉県利根川を舞台に開催されます。

このトーナメントはボートオーナーのみならず、普段はおかっぱりをメインに楽しんでいるボートを持っていないアングラーでも、ボートからのトーナメントを楽しめることを視野に入れ、誰もが参加できるペアトーナメントとなっております。同船するペア2人で協力して釣ったラージマウスバス3匹の総重量で争われます。

「この広大な水域でのバスゲームを満喫しに来ないか? 男なら玉砕覚悟で一度、チャレンジしに来いや!!(女性はもっとウェルカム)」

日本随一のバスリバー、利根川で並木敏成と一緒にトーナメントに参加できるチャンス! 豪華賞品を用意して、たくさんのアングラーの参加をお待ちしております!!

【概要】

日時:9月25日(日)

参加費:1人5,000円

(他別途費用が発生する場合があります。詳細はTBCホームページにて必ずご確認ください)

集合場所:千葉県印旛郡栄町利根川スロープ

時間:受付5時~

応募締め切り:9月6日(月)

※応募方法等詳細についてはTBCホームページにて必ずご確認ください。

※応募用紙はO.S.Pホームページでもダウンロードできます。

イベント情報(キャスティング八王子店様&タイ・プロモーションイベント)

2016-7-25 カテゴリー:イベント スポンサー

来たる8月7日(日)14時から、キャスティング八王子店様におきまして並木敏成のトークイベントが開催予定となっています。

基本 RGB

当日は並木敏成の相模湖トークに加えて、キャスティングクリニックを実施します。会場で選ばれた幸運なアングラーは、マシンガンキャストを直接教えてもらえるチャンスです!

またサイン会や2ショット撮影会、そして抽選会などイベント盛りだくさん。みなさんお誘いあわせのうえ、ぜひキャスティング八王子店様に足をお運びください。

「2016年、特殊なこの夏に、相模湖で確実に釣れる方法とキャスティングをレクチャーするよ。津久井湖についての解説もできたらいいな。多くのアングラーに会えることを楽しみにしているよ」by Toshi Namiki

みなさんのお越しをお待ちしております。



また7月30日(土)にはタイでO.S.P製品の販売を行っているラパラタイの店舗にて、「Meeting O.S.P By Mr.Toshinari Namiki」を開催。店内の巨大水槽でルアーを泳がせながらのデモンストレーションを行います。翌7月31日(日)にはバンコク近郊の管理エリアでO.S.Pルアーフィッシング大会を実施します(約150人がすでに参加予定しており、募集は締切りになっております)。

Thailand

この模様は並木敏成のフェイスブックページおよびO.S.Pサイトにてレポート予定。お楽しみに。

メディア情報(Basser 9月号・ルアーマガジン9月号)

2016-7-25 カテゴリー:その他 メディア

■つり人社/月刊Basser 2016年9月号

2016年7月26日発売の「月刊Basser 9月号」では、並木敏成の連載企画「リザーバーマネージメントVol.03前編」が掲載されています。

Basser

予想と実践の二部構成で展開される斬新かつ画期的な本企画。

今回は予想編。8月上旬の相模湖では、どういったパターンがストロングになるのかについて、並木敏成が持論を展開しています。

具体的には「オーバーハング/カバー」、「最上流部/バックウォーター」、そして「ディープフラット」の3つが基本的な選択肢となる。では、これら選択肢において、どういった釣りをてんかいすればいいのかは、本誌をご覧ください。



■内外出版社/月刊ルアーマガジン2016年9月号

同じく7月26日発売の「月刊ルアーマガジン9月号」におきまして、巻頭特集「灼熱のトップウォーター」内にて「トップをねらえ! カスミの岸釣りSHOW Time」と題し、並木敏成がこの時期に有効なトップウォーターゲームについて言及しています。

image

注目はいよいよリリースされるO.S.P初のポッパー、ラウダー70を徹底解説。構造や使い方に加えて、実戦投入したロケでは降りしきる雨と北からの強風の中で、見事な一匹をキャッチしています。

ほかにもO.S.Pが誇るトップウォーター陣について、特徴や出しどころなどを余すところなく紹介。ご一読いただければ、この夏のトップウォーターゲームが楽しくなること請け合いです!!



どちらもぜひ、ご一読ください。

イベント情報(第2回 芦ノ湖ショア・バスフィッシング大会in元箱根湾)

2016-7-21 カテゴリー:イベント スポンサー

来たる7月23日(土)、芦ノ湖で開催されます「第2回 芦ノ湖ショア・バスフィッシング大会in元箱根湾」に並木敏成がゲスト参加します。

当日はニッポンのバスフィッシングの原点、芦ノ湖でおかっぱりトーナメントを実施。25cm以上のオオクチバス1匹の重量で競われます。

トーナメント終了後は検量および表彰までの間にゲストプロのトークや、各種イベントが予定されています。

今大会に並木敏成のサプライズエントリーはあるのか!? 抽選会では貴重なアイテムの提供も予定しています。

「当日はキャンピングカーで早めに行って仮眠していると思うから、Don't Disturbで! 芦ノ湖といえばオレ。『Get the Machinegun(DVD)』で見せたように、ヤマトでどっかん、どっかん、水面を割らせて見せるから、よろしく!!(笑)」by T.Namiki



詳しくは芦ノ湖漁業協同組合のホームページをご覧ください。

メディア情報(釣りビジョン・勝手に番組ジャック#23)

2016-7-13 カテゴリー:メディア

釣り好きで知られる芸人、ロンドンブーツ1号2号の田村亮さんが釣りビジョンの人気番組をジャックする「勝手に番組ジャック」。7月17日(日)22:00~初回放送を迎える第23回は、並木敏成が主演する「Osprey's EYE」がジャックされます!!

image

今回の舞台は霞ケ浦水系。降り続く梅雨の影響でフィールドは増水&濁り。そんな中、並木のキャスティングレクチャーを受けた田村亮さんは、みるみるうちにスキルアップ。タフコンディションをものともせず、グッドサイズのバスをキャッチするシーンは必見です。

また、オープニングの演出も見逃せません!!

image

「勝ってに番組ジャック」の詳細はこちら

<放送スケジュール>

7月17日(日) 22:00~

7月18日(月) 24:00~

7月19日(火) 19:00~

7月21日(木) 09:00~

7月23日(土) 16:00~

7月27日(水) 17:00~

7月31日(日) 08:00~

メディア情報(Osprey’s Eye #30)

2016-7-04 カテゴリー:スポンサー メディア

並木敏成主演の釣りビジョン「Osprey's Eye #30」が、7月5日に初回放送を迎えます。

今回の舞台は四国随一のリザーバー、早明浦ダム。

初夏を感じさせるには十分な気候の中、トップウォーターを主体とした攻めで、ダイナミックな展開を見せています。

image

中でもベントミノーの106を主軸に、86と130を適宜使い分け、バスを手にしていく様は圧巻のひと言!

image

また、バスが沈んでからはドライブシャッド各サイズを投入し、的確にフォローしていきます。 今回、見事にハマったのは今年注目の新色“T.N.スモークレディ”。 食わせと視認性を両立した並木考案のカラーで、ビッグバスを連打!! image image

状況に応じて多彩なバリエーションのルアーを投じ、並木ならではの爆釣劇を見せています。

image image

リザーバー攻略のヒントが盛りだくさんの今回。ぜひお見逃しなく‼︎

<使用タックル>

【ベントミノー106】

●スティーズ・ブリッツ+アルファスエア7.2R+FCスナイパー8lb(フックは速掛#6に変更)

【ベントミノー130】

●スティーズ・マシンガンキャストタイプⅡ+スティーズLtd. SV 103H-TN+マシンガンキャスト14lb

【ドライブシャッド3.5in】

●スティーズ・ウェアウルフ+アルファスエア7.2R+FCスナイパー8lb+TNSオフセット2/0

【ドライブシャッド4.5in/6in】

●スティーズ・マシンガンキャストタイプⅢ+スティーズSV TW 1016H+FCスナイパー14lb+TNSオフセット5/0(4.5in)・7/0(6in)

【i-WaverSSSおよびベントミノー86】

●スティーズ・キングボルトFスペック+イグジスト2505F-H+FCスナイパー4lb

【ドライブスティックファット(バックスライド仕様)】

●スティーズ・マシンガンキャストタイプⅢ+スティーズSV TW 1016SH+FCスナイパー16lb+FPPオフセット5/0

【ダイバジンHH】

●スティーズ・ライトニング610+スティーズLtd. SV 103H-TN+マシンガンキャスト14lb

【マイラーミノー3.5】

●ブラックレーベルBL 691ULFS+イグジスト2505F-H+スモールゲーム0.3号+FCスナイパー4lb(リーダー)

【ヴァルナスペック2】

●スティーズ・スペクター+スティーズSV TW 1016H+FCスナイパー12lb

【ドライブホッグ2.5】

●スティーズ・スカイレイ+SS AIR8.1+FCスナイパー8lb+TNSオフセット#1+バサーズワームシンカータイプペア7g

<放送スケジュール>

7月5日(火)21:00~

7月6日(水)27:00~

7月7日(木)12:00~

7月9日(土)19:00~

7月11日(月)20:00~

7月15日(金)26:00~

7月17日(日)27:00~

7月20日(水)16:00~

7月22日(金)06:00~

イベント情報(ポイント徳島藍住店トークライヴ)

2016-7-01 カテゴリー:イベント スポンサー

来たる7月10日(日)、ポイント徳島藍住店様にて並木敏成のトークライヴが開催されます。

当日は14時よりイベントがスタート。FINA(ハヤブサ)の新アイテムの解説を中心に、ルアーに合わせたおすすめのフックサイズの紹介や、シーズナルパターンをもとにしたワンポイントアドバイスなどを展開する予定。もちろん、O.S.Pルアーを用いた攻略法も!!

またトークのみならず、じゃんけん大会や抽選会、サイン会、そして写真撮影会などもりだくさんの内容でお届けします。



「四国でのセミナーは久しぶり。とても楽しみだ。サマーパターンなど、ばっちり解説するよ。四国のみんなに会えるのはもちろん、徳島ラーメンも楽しみだ!」 by Toshinari Namiki



詳しくはポイント徳島藍住店様のホームページをご覧ください。

メディア情報(月刊Basser 8月号)

2016-6-27 カテゴリー:メディア

■つり人社/Basser 2016年8月号

2016年6月24日発売の「月刊Basser 8月号」では、並木敏成の連載企画「リザーバーマネージメントvol.02後編」が掲載されています。

前号では「ポストスポーンであらゆるエリアにバスがいる」と予想を立てた並木。加えて小バスであれば数は釣れるものの、グッドサイズを見出すのは難しい、という予想がまさに的中。

初日はスタート時点の気温が12℃という冷え込みの中、レギュラーサイズが連発。ドライブスティック3.5インチで47cmをキャッチしたものの、並木の表情は硬い…



迎えた2日目。初日の手応えから手を変え品を変え、キャストを繰り返す並木。そして……

basser 8月号

続きは本誌をご覧ください。

本企画では並木が2日間の実釣において、どこでどういった釣りを展開したのかだけでなく、読者のためになるワンポイントアドバイスも掲載されています。ぜひ参考にしてください。

イベント情報(サンライン・バスファンカップ2016 in津久井湖)

2016-5-30 カテゴリー:イベント スポンサー

■サンライン・バスファンカップ2016 in津久井湖

毎年恒例のサンラインバスファンカップin津久井湖が、今年も開催決定!

今回の開催は並木敏成はもちろん、サンラインプロスタッフの古沢勝利プロ、沖田護プロの参戦も決定。

著名なプロアングラーと同じ土俵で戦うチャンス! ぜひ参加のお申し込みを!!

2016BASS_FAN_CUPチラシ決定版S

●日時:2016年7月9日(土)

●集合場所:神奈川県津久井湖・津久井観光

●募集人員:60名(応募多数の場合は抽選となります)

●参加費:2,000円(レンタルボート代は別途)

●受付期間:2016年5月23日(月)~6月19日(日)

●参加資格:サンライン製品の愛好者

※18歳未満の方は保護者の承諾書が必要です

※今回の大会は船舶免許が必要なレンタルボートのみの開催となります



「今年も都市近郊型メジャーレイクの津久井湖で、みなさんと熱い一日を共有できることを楽しみにしています!」by並木敏成



たくさんのみなさんのご応募を、お待ちしております。

詳しくはサンライン様のホームページをご覧ください。

メディア情報

2016-5-30 カテゴリー:スポンサー メディア

■釣り人社/Basser 2016年7月号

Basser

2016年5月26日発売の「月刊Basser 7月号」では、並木敏成の連載企画「リザーバーマネージメントvol.02前編」が掲載されています。

解説の舞台となるリザーバー、相模湖はこの時期、全域で可能性がありエリア選びが難しい。またそのシチュエーションに合ったルアーのチョイスもまた、頭を悩ませるところ。

果たして並木はこの6月上旬の相模湖を、どう予想したのだろうか。

相模湖フリークならずとも、全国のリザーバーアングラーに捧ぐ本企画。ぜひ、ご一読ください。



■内外出版社/ルアーマガジン2016年7月号

LureMaga

同じく5月26日に発売なりました「月刊ルアーマガジン7月号」では、P.148~の「2016達人のタックルBOX」に並木敏成のタックルボックスが公開されています。

一見、機能的かつ効率的に詰め込まれたルアー類は30年もの試行錯誤の末にたどり着いたものだが、決して現状に満足していないという並木。「(タックル整理の)この旅はまだまだ果てしなく続く」という言葉の裏には、バスフィッシングの奥深さが隠されている…

こちらもぜひ、ご覧ください。

10 / 24« 先頭...89101112...20...最後 »
Back to Top