TOSHI's DAYSTOSHI's DAYS

その他

移動を楽しむのもプロ!(byスタッフG+)

並木さんは今週いっぱいロケ。

週末は四国に移動してプロスタッフとフィールドに出て

曜日にはフィッシングショーin四国2015へ。

今年は横浜を皮切りに大阪、名古屋、

四国から宇都宮、そして仙台まで!

各地のフィッシングショーやイベントに参加しますのでお楽しみに。



さて、話は戻って月曜日は完全移動日。

朝から愛車のタホにパントを牽引してひたすら西へ。

途中、立ち寄った道の駅では

ネコザメと触れ合ったり、海ガメを見たり。

IMG_0717

IMG_0721

ここで少し癒されて

さらには地の美味いメシに舌鼓。

IMG_0731

こちらは「ひろめ」という海藻。

しゃぶしゃぶでいただくのですが、

お湯にくぐらせるとあら、不思議。

IMG_0732

なんと鮮やかな緑色に!

これをポン酢にさっとつけて口へ。

並木さんも気に入ったようです。



そしてフィールドではカップ麺。

冬に逆戻りしたかのような天候で、

温かいカップ麺がとても幸せでした。

IMG_0729

え、ロケですか?

今のところ順調に進んでおります!

楽しみにされているみなさんに、

昨日の釣果の一部をチラ見せ。

IMG_0390

詳しくは次の機会に

並木さんが語ってくれるでしょう。



そして今日も朝から

雪がちらつく中、出船。

果たして、結果はいかに……⁉︎

IMG_0735



以上、G+でした。

相模湖スーパー3デイズ。

2015-3-09 カテゴリー:その他 フィッシング プライベート

先週は3日連続で相模湖へ行ってきた。

初日は桧原湖のワカサギを届けてくれた山岡プロと。

その模様は現場から逐一更新していたのでご存じだと思うが。

IMG_20150303_103642

この日、釣りを開始したのはお昼近かったのだが、

サカナの反応はよく自分は4匹、カズは1匹のバスをキャッチ。

ミドストのエキスパートと呼ばれるカズだが、

T.Namikiの前では普通の人だったな(笑)。



この日の一匹目は本当に笑えた。

カズのタックルを借りた一投目。

カズ自身が作ったグリマー7を自信満々でキャストしていたがノーバイト。

そこでT.Namikiがそのタックルを手にし、

キャストした一投目でラクラク45cmクラス。

しかも左ハンドルなのでロッドとリールは逆向き!

IMG_0722

IMG_0723

いま発売中のBasser誌で「ミスターパーフェクト」と称されているだけに

これしきの逆境でバラすわけにはいかない!!

船上は大爆笑の渦に包まれた。

IMG_20150303_124513

その後、自分はマイラーミノーのジグヘッドにチェンジし

54cmを手にすることにも成功した。

IMG_20150303_133856

IMG_20150303_133909

その後、カズがグリマー7で40cmアップ。

(当日の最小サイズだったのだが…)

IMG_20150303_142023

IMG_20150303_142106

IMG_20150303_140657

その後もカズにフロントを任せたものの釣れないので船首交代、ならぬ選手交代。

ナイスな45cmオーバーをキャッチした。

IMG_20150303_152832

そこでまたバトンタッチしたものの釣らず、

自分がヴァルナを投げてシメの一匹を釣るという

最高に気分のいい一日になった。

IMG_20150303_172010

カズ、ありがとう。



自分が今年、完全にマスターしたいミドストについて

カズからいろいろ教わることができた。

IMG_20150303_133943

ミドストといってもいろいろある。 自分が日本の大会に出ていたころ、河口湖などでジグヘッドで釣っていたのは

一度ボトムやウィードなどに着底させてから泳がせてくるミドスト。

今回はそうではなく、春の浮いているバスに対して

上の層から泳がせてくるやり方に対しては自分は自信がなかった。

そんな中でカズの手ほどきを受けたのは大きな自信につながった。



ちなみにマイラーミノーのジグヘッドについて、

よりローリング主体のセット方法はフックを上のほうに刺す。

そういった特殊な刺し方があり、以前からメディアでも紹介されている。

ぜひ参考にしてほしい。

IMG_5613

そしてカズがプロデュースしたグリマー7。

とてもロールさせやすくミドストのアクションが誰にでも簡単にできる

プラグゆえの集魚力の高さは、見切られることはあれど

ワーム以上のポテンシャルを持っているといえるだろう。

発売されたら1ダースぐらい、買わせてもらうぜ、カズ!

IMG_20150303_142112

そのときの相模湖の状況は、この時期にしてみればよかった。

雨によるささ濁りと温かいタイミングもあって

平日にも関わらず多くのアングラーでに賑わっていた。



初日はミドストとヴァルナで結果を出せたわけだが

ほかに試したいルアーがあったので次の日も相模湖へ。

明らかに朝イチこそ温かい小雨まじりで釣れる陽気だったのだが

いろいろな仕事を片付けてからになり、

釣りをはじめたのは午後2時を回っていた。



いくつかのルアーを投げたのだが

ミドストをオートマチックに演出してくれるブレードジグを試したかった。

水がスーパークリアな状況でのスレバスにおいては

ジグヘッドのミドストのほうが見切られにくい。

ただしバスにやる気があったり水にある程度の濁りがあると

ブレーデッドジグカテゴリーのほうが勝負は早い。



カズと出た初日は1~3mの層で反応が多く、

そのレンジをゆっくり引くためにあえて1/4ozをチョイス。

これまでは3/8ozとエコモデルの1/4ozしかなかったが

ブレードサイズおよびヘッドサイズをやや抑えた

1/4ozが新たにラインナップに加わる。

その実力もみたかった。

IMG_5617

トレーラーはこの時期だからこそ、

ゆっくり引くことができてハイアピールなシャッドテール系。

今回はドライブシャッド3.5インチをセット。

小さなボリュームで超スローリトリーブ。

巻き速度はブレードがギリギリバイブレーションするスピードを基準に

もっとゆっくり、カーブフォール気味に引いてくることもある。

そのとき、ブレードからのバイブレーションはないが

ワームが作り出すテールのバイブレーションは発生している。

全スピードにおいてロッドアクションなくして動くパーツがある。

この日は43cmぐらいの一匹で、一般のお客さんからも

ハイピッチャーマックスなど、スピナーベイトでちらほら釣果の声が聞こえた。

5554(1日目)

5561(1日目)

さらにオチがあり、その次の日も相模湖へ。

2日目の夕方でトーンダウンしているのは見え見えだったのだが…

5525(1日目)

3日目は朝からミドストを一日やり込んでみた。

これを中心にさまざまなルアーをキャスト。

こんなタイミングでどんな釣りがハマるのか。

タフコンディション下において、ミドストの威力はいかほどのものか。

そういった点に興味があっての釣行だった。



結局、ミドストで2バイトを得て

あいにく大きいほうの50cmクラスはジャンプ一発でサヨナラ。

このとき、自分はバウデッキに立ってファイトしたのだが

それゆえ全身を使った対処ができなかった。

先述のBasser誌でご紹介している全身とステップを使ったファイトが

いかにバラさないのかを身をもって知ることになった……

030(2日目)

3日目においては他のアングラーの釣果はほぼなかったように思う。

そんな中、自分のミドストで食わせることができたのは大きな自信になった。

033(2日目)

タックルはキングボルトFスペックに、新しいイグジスト。

ATDドラグは非常になめらかで素晴らしいが

スプール下に段差が設けられており、その下や中にラインが潜り込む、

といったトラブルも皆無。これも素晴らしい進化だと思う。



ジグヘッドはFINA PERFECT JIGHEAD TYPE ROUNDの1/20oz・#1。

空気をはらむこの手のワームにおいては

少し重めのジグヘッドをチョイス。

ワームに自重がある場合は1/32ozがカズの基準になっているようだ。

ラインはFCスナイパーの4lb。



今回の釣行、特に初日においてはいろいろやってみれば

まだまだバスを手にできていたと思う。

しかしあえてそれをしなかった。

何より、プレッシャーが非常に強くかかっても自分は釣る自信がある。

それは多くの人が見落としそうな場所、

そしてこれまで手付かずのサカナを釣っているからだ。

語ると長くなりそうなのでこの続きは、セミナーなどでお話ししようと思う。

037(2日目)

では、明日からロケなので、今日はこのへんで。

相模湖バス捕獲中(byスタッフG+)。

2015-3-03 カテゴリー:その他 フィッシング プライベート

続報です。



一匹目をキャッチした後、

マイラーミノーのジグヘッド(1/20oz)で

50cmアップが出たようです!!



山岡プロのタックルで一匹目!

IMG_20150303_124518

続いて自前のタックルで二匹目!!

IMG_20150303_133848

IMG_20150303_133915

果たしてタイムアップまでに

どこまで釣果を伸ばせるのでしょうか。





乞うご期待!!





以上、スタッフG+でした。

山岡プロと相模湖へ(byスタッフG+)。

2015-3-03 カテゴリー:その他 フィッシング プライベート

昨日、桧原湖産のワカサギを届けてくれた山岡プロ。

今日は並木さんと一緒に、相模湖に行っているようです。

IMG_20150303_103636

ワタクシG+がお昼に出ている間に

並木さんから写真が届いていたのですが、

どうやらこの3枚の写真を送ったあと、

並木さんはナイスな一匹を手にしたようです。

IMG_20150303_114317

しかもその一匹には、おもしろエピソードがあるそうで……



詳しくは後日、あらためてご報告いたします。



IMG_20150303_114258

「カズ(山岡プロ)はまだ、ノーフィッシュだよ」と並木さん。

引き続きがんばってください! あ、カズくんも!!





以上、スタッフG+でした。

ヴァルナSのテストで横浜へ(byスタッフG+)。

昨日とは打って変わって、温かい小春日和の今日。

並木さんはO.S.Pスタッフで開発担当の橋本と、

横浜のアイランドクルーズさんでシーバスフィッシングに出ていました。

CIMG3973

こちらのキャプテンである遠藤正明さんは

O.S.Pで唯一のソルトウォーター担当のプロスタッフ。

今日は今シーズン発売予定のヴァルナSのテストのため出港しました。

CIMG3899

IMG_20150227_104922

テストはとても有意義だったようで数多くのサンプルの中から

ベストなものがチョイスできた、とのことです。

今日は船中10匹以上のシーバスをキャッチしたそうで、

キャプテンの遠藤さんも、この釣果にはびっくり。

ようやくシーズンに入り始めたという手応えも掴めたようです。

CIMG3913

IMG_20150227_071513

CIMG3955

IMG_20150227_081145

CIMG3914

遠藤キャプテンが数日前に下見したときはメタルジグでの反応がよく

ミノーではイマイチだったらしいのですが、今日は朝から絶好調!

これぞヴァルナの威力でしょう!! 詳しくは近日中に、並木さんに語ってもらいます。

CIMG3921

「すべての11cmミノーが過去になる」と並木さん。

でもそれって、Daiwaのキャッチコピーじゃないですか!

マグシールドですべてのリールが過去になったやつやん。



アイランドクルーズさんはレインボーブリッジを望む、

ロケーションのいい場所にベースを構えております。

CIMG3977

たまにはシーバスでも、とお考えの方はぜひ。

ご興味がある方は、こちらまでお問い合わせください。



アイランドクルーズ



そして午後、T.Namiki’s Fishing Roomに戻ってからは、

スポンサーであるサンライン様とミーティング。

IMG_5490

なかなか濃密なお話をたっぷりかわし

ここではまだ明かせないようなトピックもあったり……

IMG_5494

今年、新しくなるFCスナイパーは4月発売。

そしてFCスナイパーAZAYAKAとINVISIBLEは8月の予定です。

こちらもご期待ください。



ではみなさん、よい週末を。

G+でした。

フランクさんと過ごした一週間。

2015-2-17 カテゴリー:その他 プライベート

先週、フランクさんが帰国した。

帰られる日はフランクさんと面識がある古沢勝利君も、

成田空港までお見送りに来てくれた。

NEC_0354

NEC_0355

実はフランクさん、帰国してからインフルエンザにかかったらしい。

昨年同様、バスマスタークラシックでカメラ船というかたちで

日本の取材陣のお手伝いをする予定だったのだが、あえなくキャンセルする羽目に…

もしかして自分のインフルエンザが…!? そんなことはないと思うが……



今回の来日はフィッシングショーOSAKAに合わせてのもの。

空いた時間は日本の食文化を味わってもらおうと

炉端焼きや豆腐料理専門店などへ案内した。

写真は、彼もまたフランクさんと面識がある琵琶湖ガイドの内山君。

CIMG3835

CIMG3843



そしてキャスティングに行ったことは以前、ブログでも紹介したが

そのときは「もう満足、これでいい」と言っていたフランクさん。

実はそのあと、さらに2回もキャスティングへ足を運んだのだ。

NEC_0348

最後に行ったときはスティーズのTNモデルやSS AIRなどのリールと

日本のバス雑誌などを買い込んでいた。フランクさん、好きだねー!

IMG_4861

そんなフランクさんいわく、日本の釣具店はBass Pro Shops以上だ、と。

Bass Pro Shopsはボート用品やハンティング、アパレルなども充実しているが、

釣り道具という部分だけで言うと、日本の釣具店の品揃えはすごい。

自分もフランクさんの意見に同感だ。



さらに、T.Namiki’s Fishing Roomにも興味津々。

ここでは時間が許す限り、いろんなお話をすることができた。

IMG_4917

IMG_4901



そうそう、フランクさんからたくさんお土産をいただいた。

IMG_4832

これはO.S.Pのロゴをかたどった置物で

電源を入れるとLEDが点灯し、赤く光るというもの。

IMG_4835

新しい宝物が、またひとつ増えたね。



これ以外にもバスのぬいぐるみや塗り絵など、

アメリカらしいうれしいプレゼントをたくさんいただいた。

フランクさん、ありがとう!

IMG_4881



そういえばフランクさんを見送りに成田空港へ行ったとき、

靴下専門店で「TABIO」というブランドのソックスを見つけた。

五本指タイプで滑り止めもついていて、バスフィッシングにもよさそうな気がする。

履き心地や使用感については、いずれ、また。

興味がある方は、こちら



最後に、O.S.P動画の最新作が昨日から公開されている。

今回はO.S.Pプロスタッフミーティングでひと暴れした

瞬間芸が得意なハシタクこと橋本卓哉のハイカット解説動画だ。

自分もさっそくチェックしたが、かなりタメになる内容である。

タクヤの真面目な姿を、ぜひご覧いただきたい。



いつもありがとうございます。

2015-1-19 カテゴリー:その他 フィッシング プライベート

今日の八王子は暖かいね。みなさんの地域はどうかな?

さっき、ナンの美味いカレー屋さんでランチを済ませたところで、

もう少ししたら某フィールドへテストに行こうと思っているのだが……

華麗なキャストを何度も決めて、ビッグバスを手にできたらいいね。

ま、カレーとナンを食べたあとだけに、ね(笑)。



さて、今日のブログは昔から自分を応援してくれている人たちのネタを。



昨日は宮崎ファミリーが、遊びに来てくれた。

ご家族全員、大のバスフィッシング好きで、宮崎君とはふるくからの付き合い。

結婚して、今では7歳になるユウト君という息子さんもいる。

ユウト君は4歳にも関わらずベイトリールでピッチングができる

スゴ腕アングラーだということで、以前に紹介させてもらったことも。

IMG_20150118_182830

奥様は2ヵ月に一度はひとりで琵琶湖ガイドに釣りに行くという熱の入れよう。

これまではレンタルボートを借りた場合、家族三人、

ひとつのボートで釣りに出ていたのだが

それだとやはり釣りにくかったらしく

今年は奥様が船舶免許を取って2艇で釣りに出る、という抱負を語ってくれた。

いやー、ほほえましいね。がんばってください!



自分が持っているこの大漁旗はマイク・アイコネリ…

と言っても岡山在住のコウジ君が送ってくれたもの。

(コウジ君はアイクに似ているので“岡山のアイク”と呼んでいる)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これは今年に限ったことではなく、以前から何度も送ってくれている。

この大漁旗のご利益もあって、自分はいつも大漁(?)だぜ!

コウジ君、いつもありがとう。

今シーズン、コウジ君は岡山チャプターに全戦出場するようなので、

アイク的パフォーマンスを今年も期待しているよ!



最後に、これは九州のヨシハル君がカスタムした

並木モデル風のスーパーリールらしい。

何枚も写真を送ってくれたんだけれど、この一枚で説得力は十分だろう?

2014-12-03-10-08-15_photo

やるじゃないか!

この冬は堤防のアジングに燃えているみたいだね。

本職のマシンガンカット(彼の本職は美容師)でもがんばってください。





さて、これからタックルの準備に取り掛かるぜ。

テスト釣行だけど、果たしてどんなドラマが待っているのかな。

この結果はまたブログでお伝えしようと思うので、お楽しみに!!

アーカイブ

カレンダー

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリ別

フィールド別

chase02-banner02 chase02-banner02 UT8 OE_bnner_s DYFC_bannernew ospbanner

T.NAMIKI動画配信中 LureNews.TVチャンネル

Back to Top