TOSHI's DAYSTOSHI's DAYS

トップページTOSHI's DAYS > フィッシング

フィッシング

河口湖にて

2018-6-17 カテゴリー:フィッシング プライベート

I went to Lake Kawaguchi today!

今日は午後から河口湖にて上州屋練馬南田中店の番長バスプロ初澤君と魚探などのタックル勉強会を行った。自分が感じていた疑問点などもクリアーになったいい1日だった。皆さん、釣りや道具のことで悩みがあればお店に行って彼に何でも聞いてみよう!

JBトーナメントの表彰式を見たり、夜は以前からお世話になっている湖宮さんで食事、またボートランチングではKBHさんにお世話になりました。

ルアーニュースの誌面と動画、近日公開!

2018-6-16 カテゴリー:フィッシング プライベート

Very Best season for top water game, Right Now!

自分はこれからバスボートを引いて半日ほど湖上に浮いてきます。今週の金曜日には先日の陸っぱりバスフィッシングの模様がルアーニュースの紙面と動画にて公開されるようなのでお楽しみに! それまで待ちきれない方はこちらをどうぞ!この時はバジンクランクに限らず、様々なトップウォーターで釣れたからそちらも合わせて見て欲しい!

とにかく今はトップウォーターのベストシーズンに突入している。皆さんも派手に水面を割らせて欲しいね!!

名付けて淀川リグ。

2018-6-16 カテゴリー:フィッシング プライベート

This Yodogawa rig is working very good!

名付けて淀川リグ。ドライブビーバー4インチ(3.5インチでもOKかも?)に1.3グラム程度のネイルシンカーを頭から2節目に横差し。オフセットフックの2/0か3/0をセット。タフな淀川で最近このリグでしか釣れないと聞いたので「淀川リグ」と名付けよう! 笑

先程プールで確認したところ素晴らしすぎるアクションでした。

フローティングミノーが効果的!

2018-6-14 カテゴリー:フィッシング

Varuna 110 Floating Model works well on this time of the year!

昨日と今朝まで新作のワームテストを兼ねて三島ダムにチャレンジ! ワームテストに不向きなストレッチは各種ハードルアーを投げまくり、どんなルアーならバイトを得れるかチェックした。コンディション的には1日で1メールも減水&晴天無風という今ひとつだったが、ヴァルナのフローティングモデルのリーリング&ポーズかトゥイッチ&ポーズならバイトを得れるという感じだった。トップにはでない、クランクは見切られる、沈むワームも見切られる。そんな時はフローティングミノーの浮上ポーズがとても効果的。皆さんもお試しあれ!

ロッドはMC1.5にラインはMC16ポンドでした。

今年のニューカマー、ラウダー50を紹介

2018-6-13 カテゴリー:フィッシング プライベート

Louder 50 is awesome!

今年のニューカマー、小型ポッパーのラウダー50の使い方を紹介しよう。



まずはロッドティップを50cmほど動かして引っ張り、そのまま戻さずにアクションさせると1mオーバーのスプラッシュを出せるというのが1つ。

2つ目は通常の動かし方。ティップを数十cm動かして引っ張り、すぐに戻すポッピングアクションでは、このクラス最大の巨大なポップ音を出せるのが特長だ。

あとはシェイクしたり、細かくティップを動かすショートトゥイッチによってドッグウォークさせたり、虫的な微波動も演出できる。

もちろんスピニングタックルでも使えるが、わずか5cmという小粒サイズながらベイトフィネスタックルのみならず、34mm径のいわゆるノーマルサイズのベイトリールでも快適に飛ばせるというのにも驚きだ。

小粒サイズのトップウォータープラグだとポッパーですらアピール不足を感じていた人も少なくないはず。しかしラウダーシリーズ(3サイズすべて)はこれまでの小型ポッパーのメリット、つまりは見に来たバスを躊躇なくバイトさせる小粒のボディサイズでありながらも、しっかりとしたアピール力を持たせるというコンセプトで設計されている。

ハイプレッシャーであったり、小さなエサを食べていることの多い日本のフィールドにおいては、今年発売された50サイズにはとにかく高確率でバスが素直に口を開ける。HPシャッドテールなら2.5や3.1インチ、シャッドプラグならハイカットサイズはいかなる時でもバイトを得れるお助けルアーサイズな訳で、まさにラウダー50はトッププラグのお助けルアー間違いなしという感じである。

他にも、このカップ形状ゆえ足場の高い場所のオカッパリであったり、多少、波気があろうと、強烈なポップ音を出せるというのは大きなアドバンテージとなるだろう。

さらにはノーアクションで水面に浮かべっぱなしにしても、わずかな波や風によってコトコトとラトル音を出して誘い続けるので、広大なウィードフラットを釣る琵琶湖のアングラーたちからも高評価を得ている。

狙ったアクションを明確に使い分けられるゆえ、とにかく使っていて楽しいポッパーだと感じていただけるだろう!

梅雨のトップウォーターシーズン、ぜひラウダーシリーズでエキサイティングな水面のゲームをお楽しみいただきたい。

バスのケアを考えるべき時代

2018-6-11 カテゴリー:フィッシング プライベート

Let's think about taking care of Bass!

下顎にストリンガーなどを付けられて裂け傷ができてしまったバスを見て、可哀想になったことはないだろうか? ひどい場合にはエサを上手く取れなくなってしまい、そのバスは死んでしまうことも…

ちなみに今年のB.A.S.S.トーナメントでは、それまで使用可能だった下顎に穴を開けて刺すタイプのストリンガーが禁止された。その代わりとして、下顎をクリップした後にロックするタイプのマーカーを使用することが義務づけられている。

日本のアングラーたちも、そういったバスのケアなどについて真剣に考えるべき時代がきたのかもしれない。

TOP50プロがドライブビーバーを語る

2018-6-10 カテゴリー:フィッシング プライベート

This is a great DoLive Beaver story!

今日はトーナメンターの友人と新作ルアーについて色々思考中である。その友人がTop50プロの黒田選手がドライブビーバーについて、とてもよく解説してくれた記事も教えてくました。スポンサーとは無縁の選手からこの様に書いてもらえるのは嬉しすぎます。魚をどう釣るかと考えることと同じぐらい新しいルアーのことを考えるのも楽しいものです!



■黒田健史の「いろはにほへと」ドライブビーバーを語ってみる。
http://wind.ap.teacup.com/bokutachi/2442.html

陸っぱりで最高に釣れるシーズンの開幕です!

2018-6-10 カテゴリー:フィッシング

This is my bank fishing movie!

今日は日曜日。皆さんは何をして過ごすのでしょうか? いよいよ陸っぱりで最高に釣れるシーズンの開幕です! この動画をまだ見ていない方は是非チェックして、楽しい陸っぱりバスフィッシングの参考にして下さい!

インタビュー取材とNewアイテム・トラッカーキャップ

2018-6-08 カテゴリー:フィッシング プライベート

今日はダイワHP内アルティメットコーナーのインタビュー取材を受けている。

内容は、スティーズ、マシンガンキャスト0.5とSVーLTの解説などなど。このMLクラスの超性能オールラウンドロッドにSV ライト TNリミテッドの組み合わせは抜群!!

しかもこのSV ライト TNリミテッドは、ハリアーのような7フィートクラスのヘビーロッドに20lbラインでジグを打つのも良し、



PEラインを巻いてフロッグを投げるといった強い釣りでも、これまでとは比較にならないほど超低弾道ロングキャストが簡単に決まる優れモノ。

是非、皆も面白いようにバシバシとキャストを決めて欲しい。

さて、昨日に続いてO.S.Pから発売されたO.S.Pトラッカーキャップのご紹介をしよう。



トラッカーキャップは、アメリカのトラック運転手達が被っていたのが名前の由来らしい。ご覧の様にクールデザインだ!

後ろの一部は、メッシュ素材仕様で後頭部もクールダウンできるぞ(笑)

ポニーテールも出しやすいつくり(写真は社員の男でスマン)

このトラッカーキャップをキメて被れば、魚たちだけでなく異性からもモテモテに間違いない!(希望)

1 / 7112345...102030...最後 »

アーカイブ

カレンダー

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

カテゴリ別

フィールド別

chase02-banner02 chase02-banner02 UT8 OE_bnner_s DYFC_bannernew ospbanner

T.NAMIKI動画配信中 LureNews.TVチャンネル

Back to Top